京都に旅行した時の話

 

京都に旅行した時の話

京都は日本の中でも一番落ち着く場所。
綺麗な町並みとたまに行き違う舞妓さん、美味しい料理は和みます。

 

京都でよく行く場所は金閣寺、銀閣寺、清水寺などの寺まわり。
お寺をまわると本当に心が癒されます。
お寺の数がたくさんあるから1度の旅行ですべてのお寺をまわりきれません。
それぞれのお寺に魅力があるため1番を決めることはすごく難しい。
昔、人力車に乗ったこともあったけどそれもとてもいい思い出。

 

太秦映画村も大好きな場所。
日本であまりこのような施設がないためいつも感動してしまう。
たまに芸能人が撮影をしていることもあるからそれも楽しみ。
前に松平健さんの撮影見て嬉しかった。

 

なるべく京都に行くならホテルよりも旅館の方が好き。
ホテルで出てくる食事よりも旅館の食事の方がいい。
せっかく京都に来ているのだから京都の雰囲気を味わいたいってこともあり私は旅館で泊まる。
旅館の女将さんもとても気さくで優しい人が多い。
朝すれ違うだけでおはようと声をかけてくれるのが嬉しい。

 

昔、舞妓さんになった思い出もある。
舞妓さんと同じ化粧をして髪をセットしてもらい着物を着せてもらって舞妓さんとまったく同じようにしてもらい
街中を自由に歩きまわることができ楽しかった。
料金もそこまで高くなくて写真まで撮ってもらって自分の思い出の中でトップ10に入っている。